記事一覧

素敵なお手紙

ファイル 210-1.png

アイコン

少し前にKちゃんのお母様から頂いたお手紙。
何度読んでも心にジ~ンと染み渡る、とても素晴らしい内容なので
やはりこれは多くの方に読んでいただきたいと思いUPさせていただくことにしました。Kちゃんのお母様、ご理解をありがとうございます。

『先生へ
ピアノをはじめて9年になりました。
これまで、認めてもらい、楽しみながらレッスンを続けることが出来ました。とても感謝しています。
今回、はじめてのコンクールに参加させていただき、本人も悔しい思いがあったと思いますが、同じ年齢の子達の演奏を聴いて刺激を受けたと思います。
私は、ひとりで舞台に立ったことも弾ききったこともないので、その場の雰囲気やその先にある達成感は分かりません。
だから、Kが泣いていても、的外れな寄り添い方をしている様な気がします。
こんな時感じるのは、Kは一人の人間として成長していると言うことであり、私とは違う「個」であると言うことです。
だから、そういった人生の壁のひとつひとつを乗り越え、進化していくKにあまり口出しせずに信じていくことが大切だと感じています。
幼い頃の笑って自信たっぷりな姿はほほえましく思えますが、大人になっていく精神的な進化の過程で、悔しかったり自信を喪失したりといった経験は、これからの未来に伸びしろが大きい事だと感じています。
そして、そういった経験を乗り越え精神的に成長していく力があると信じています。
Kの創っていく未来がとても楽しみです。
これからのよろしくお願いします。』

我が子を見守ることはとても難しいことだと思います。
そして、いつもいつも冷静に穏やかに・・・とはいきません。

けれど、根底で我が子の力を「信じ」「認める」ことが一番の愛情なのではないでしょうか。

このお手紙を受け取って改めてその大切さを考えることが出来ました。
Kちゃんのお母様、本当にありがとうございました!

             

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー
投稿キー
投稿キーには「五九六三」を半角数字で入力してください。(スパム対策)