記事一覧

年少さんレッスンスタートです♪

ファイル 214-1.jpg

アイコン

2月に入りました(*^_^*)
外はまだまだ寒いですが気持ちは少しずつ来年度に向かっています。(でもやっぱり今年は暖冬?それとも本当の寒さはこれから?)

学年が上がる前に!と先週から年少さんの新しい生徒さんのレッスンがスタートしました。
Yちゃんは2年前、1才児親子リトミックに参加してくれていたので私たち教師は「わ~~~!お久しぶり~!大きくなったね~(^^)」と大はしゃぎ!
でもYちゃん本人は覚えていませんよね~(^^ゞなんせ1才ですものね。でも、こんな風にYちゃんにもお母様にも再会できてとっても嬉しいです♪

Yちゃんはとっても恥ずかしがり屋&小さいながらも緊張・・・。
はじめはお母さんの横にちょっと隠れるようにしていましたが、「ソーヨひめとファーデスおうじ」のお話をしてお歌を歌うときに膝に乗せてあげるとそこからは一人でもレッスンすることが出来ました(*^_^*)エライ!

ピアノのレッスンはもちろん初めて。弾いたこともなければ楽譜を見たこともない!
そんな生徒さんが一人で楽譜が読めるようになるまで、じっくりじっくり~レンガを一つ一つ積み上げるようにしっかりとした土台作りをすることが大事です。

初日、おしゃべりは本調子までいきませんでしたが最後の「まねっこソルフェ」ではとってもきれいな声で歌ってくれました~♪
これからYちゃんがどんな風に成長していくのかとっても楽しみです(^O^)

1歳児親子リトミック 1月♪

ファイル 213-1.pngファイル 213-2.pngファイル 213-3.png

アイコン

とっても良いお天気で☀レッスン室もポッカポカの中、今月の1歳児リトミックが行われました♪

久しぶりのお友達も参加してくれました(*^^*)
1人1人お名前を呼んでのお返事や、お歌、問いかけに対しての反応など…色々な場面でみんなの声が聞こえるようになってきました❣
スタートしたばかりの5月頃と比べてみると、積極的にリトミックに参加してくれているように感じます♪

色々なことに興味が出てくる頃、色々なことが出来るようになってくる頃、色々な事をやってみたい!と思いだす頃の今、こうしてリトミックで関われることが嬉しいです(^^♪

次回は2月6日(水)10時~です。
インフルエンザも流行しています(>_<)体調管理気をつけてくださいね♡みんなが元気に参加できますように~☆

1歳児親子リトミック 12月♪

ファイル 212-1.pngファイル 212-2.pngファイル 212-3.png

アイコン

今年最後の、12月1歳児親子リトミックが行われました♪
12月に入っても暖かすぎる日が続いていましたが、やっと冬らしく…というか、急に冬になったという感じですね⛄

絵本の中のクマさんのように力強くぎゅ~っと・ちょうちょさんのように優しくふわ~っとお相撲したり、ペンギンさんが寒すぎてカチッと固まったり…ピアノの音に合わせてたくさん体を動かしました♫

みんなが「ポン」と手を叩くと卵が生まれたり、ひよこさんがかえったり…次はどうなるんだろう?と目をキラキラさせて本に集中していましたね。
ひよこさんのように「行列行列~」かわいい子犬のぬいぐるみを持って、キレイに行列に並べることができました☆
何回並べても同じ順番だったところが、また可愛らしかったです💛

先生達の演奏は、『クリスマスキャロルメドレー」でした。
少し長いメドレーでしたが、みんな真剣に聴いてくれました☆
前回初めて参加してくれたRちゃんも、演奏が始まるとお母さんのお膝から初めて下り、夢中で聴いていたそうです🎶そしてその後はニコニコ笑顔が見られました❣先生たちも嬉しかったです(^^♪

次回は2019年1月16日(水)です♪
楽しいクリスマスとお正月をお過ごしください(*^^*)

1歳児親子リトミック 11月♪

ファイル 211-1.pngファイル 211-2.png

今月の1歳児リトミックが行われました♪

新しいお友達も参加してくれました☆
最初はお母さんに抱っこされて頑張っていましたが…初めての場所、お友達、先生という状況がだんだんと分かってきて泣き出してしまいました。しかし、お母さんが無理に参加させようとせずに玄関で気分転換をしながら、安心できるような声掛けをしてくださり、Rちゃんの笑顔が見られました。
他の習い事でも場所見知りが強く出てしまった経験があったそうで、お子さんの事を理解した お母さまの落ち着いた対応が素敵でした☆彡

続けて参加してくれているSちゃん、Aちゃん。ピアノの音に反応したり、お返事も元気に出来たり、先生のお話も良く分かるようになって…月に1度ですが、また成長を感じたレッスンでした(*^^*)

次回は12月12日(水)今年最後のリトミックになります♪

素敵なお手紙

ファイル 210-1.png

アイコン

少し前にKちゃんのお母様から頂いたお手紙。
何度読んでも心にジ~ンと染み渡る、とても素晴らしい内容なので
やはりこれは多くの方に読んでいただきたいと思いUPさせていただくことにしました。Kちゃんのお母様、ご理解をありがとうございます。

『先生へ
ピアノをはじめて9年になりました。
これまで、認めてもらい、楽しみながらレッスンを続けることが出来ました。とても感謝しています。
今回、はじめてのコンクールに参加させていただき、本人も悔しい思いがあったと思いますが、同じ年齢の子達の演奏を聴いて刺激を受けたと思います。
私は、ひとりで舞台に立ったことも弾ききったこともないので、その場の雰囲気やその先にある達成感は分かりません。
だから、Kが泣いていても、的外れな寄り添い方をしている様な気がします。
こんな時感じるのは、Kは一人の人間として成長していると言うことであり、私とは違う「個」であると言うことです。
だから、そういった人生の壁のひとつひとつを乗り越え、進化していくKにあまり口出しせずに信じていくことが大切だと感じています。
幼い頃の笑って自信たっぷりな姿はほほえましく思えますが、大人になっていく精神的な進化の過程で、悔しかったり自信を喪失したりといった経験は、これからの未来に伸びしろが大きい事だと感じています。
そして、そういった経験を乗り越え精神的に成長していく力があると信じています。
Kの創っていく未来がとても楽しみです。
これからのよろしくお願いします。』

我が子を見守ることはとても難しいことだと思います。
そして、いつもいつも冷静に穏やかに・・・とはいきません。

けれど、根底で我が子の力を「信じ」「認める」ことが一番の愛情なのではないでしょうか。

このお手紙を受け取って改めてその大切さを考えることが出来ました。
Kちゃんのお母様、本当にありがとうございました!