記事一覧

2017年度1歳児リトミック♪

ファイル 187-1.pngファイル 187-2.pngファイル 187-3.pngファイル 187-4.png

今年度も、1歳児親子リトミックを月に1度行っています(^^♪

お母様も、お子様も初めての体験は緊張してしまいますね。
また、お友達は出来たことが うちの子は出来なかった~など、ついつい気になってしまったり…しますよね~(^-^;

でも大丈夫!
お子さんの参加の仕方は様々です(^^♪
お母さんに抱っこされて安心して参加する子、じーっと見ている子、自由に動いている子…どの子も目や耳はとっても働いています。
里花先生がお話ししたように
『お母さんが楽しむこと』
このことが、お子さんが安心・興味を持って参加出来る1番大事なことだと思います。
毎月少しずつ変化していくみんなの成長がとっても楽しみです♫

次回は7月12日(水)10時~になります。
楽しみにしています(*^^*)

譜読み相撲④

ファイル 186-1.jpg

アイコン

レッスンに来ることは大好き♪
けれどおうちでの練習は・・・(^^ゞ

ピアノが弾けるようになるまでは本当に根気比べ。
先生である私も実は練習は好きじゃな~い(大きな声で言えないけれど)
コツコツ毎日取り組むのも苦手~(ここだけの話笑)

なのでそんな生徒がいると「分かる~」となります。

Tくんもそんな生徒のひとり。
家練習がままならないからかレッスン室でも本を開いて弾くことに消極的です。

ですが、そのTくんが今はまっているのが【譜読み相撲】
レッスン室に入ってきたときに前の生徒さんがやっているのを見て
「早くやりたい!」とやる気満々~。

譜読みのレッスンがスタートした頃はこちらもどうレッスンに持って行けばいいのか悩みました。
けれど何度も何度も繰り返して、今では目印音から2度上、3度上の音を自力で考えるようになりました。

四股名を自分で考え、階級が上がっていく、横綱を目指すんだ~という気持ちがやる気を出させているようです。

今は弾くことに消極的でもいつか「弾きたい!」と思ったときに必ずこの【譜読み相撲】が役に立つと信じて願いながらの毎週のレッスンです。

お助けアイテム たった2枚で(^^)v

ファイル 185-1.jpg

アイコン

弾けないところだけを練習するのが苦手な生徒さんて意外と多いですよね。
「ここだけ弾いて~」と言ってもその先まで弾いてしまう(T-T)

ならば隠してしまおう!

この2枚でスッキリした~(*^_^*)

おうちでの練習でも試してみてね!とRくんに伝えました。
みなさんも試してみてくださ~い。

アイスの棒!ケンチャン!

ファイル 184-1.jpgファイル 184-2.jpg

アイコン

ピッカピカの年少さんのレッスン♪

レッスンも導入期のテキストを使うようになり、少しずつピアノを弾くことへの準備をしています。

今週はいいお天気!なのでお外でレッスンしましょう~♪

ということで!レッスン室の横にある大きな鍵盤で「ケンとバン」のアイスの棒探し~(*^_^*)

みんなバッチリ~なので今度はケンチャン見つけ!
一人ずつ探していくと一つ足りない・・・と思ったら
エアコンの室外機の下に「ここにもあった~!」(*^_^*)

認定試験の効果は・・・

アイコン

今週認定試験を受けた二人の生徒さんについて。

一人は小2のCちゃん。
運動会シーズンで疲れて帰ってくる日が続く中での認定試験の練習。思うように出来ないときもあったようですがレッスンの時に一緒に話し合って日程を決めました。
最近はおうちでお母さんが少し注意するとおへそを曲げる・・・母としては悩むところでしょうが、それも成長の現れ。少しずつ自立への階段を上り始めていると言うことですね(^^)

いよいよ試験当日。お母さんが来るまで練習していると「先生、おトイレ行ってもいいですか?」と・・・。
口には出さないもののとっても緊張しているんですね。その後2回おトイレに行きました。
そして、試験を終えたCちゃんのほっとした笑顔!(*^_^*)
なんともいい顔でお母さんも表情が緩みました♪

演奏の細かいところを言えば色々ありますが、今のCちゃんを評価するならば、「嫌だな~」「ドキドキするな~」と思うことから逃げ出さないで最後までやり遂げることが出来ましたね!とはな丸をあげたいです。・・・そんな私の気持ちをお母様にもお伝えしました。


そして、幼稚園のSくん。
今回はレッスンをしている先生とお母さん以外に前後に来る生徒さん達にも同席してもらっての認定試験でした。
普段のレッスンとは違う状況の中でもしっかり「おねがいします!」「ありがとうございました!」と挨拶をして認定試験を受けることが出来ました。
試験終了後、お母様から「あんなに緊張して真剣な顔、初めて見ました~。こういう機会があるのはとてもいいことですね。ありがとうございます。」と感想をお聞きすることが出来ました。

ピアノを通して上手に弾けるためのテクニックをつけたりするばかりではなく、それぞれの壁を乗り越えながら心を強くしていくことも体験して欲しい・・・
認定試験はそんな教師の思いも形にしてくれるのだな~と改めて感じました♫