記事一覧

6/26新潟:燕三条 二人講座

ファイル 97-1.jpgファイル 97-2.jpgファイル 97-3.jpg

アイコン

昨夜はホテルの前のお店で、お食事をしました。そこで使う食器は、近くの養護施設の人たちの作ったもので、どれも素晴らしく、とても繊細な中にもエネルギーを強く感じる作品ばかりでした。このお店のカウンターに座ったので、オーナーさんとたくさんのお話をすることができ、お食事の美味しいのはもちろん、心のこもった温かいおもてなしを受けました。

講座の始めに、このことを話すと受講されている先生の中に養護施設の方たちに音楽を指導していらっしゃる方がいらして、サイン会のときに「とても嬉しかったです!」とおっしゃられました。もしいろいろなお店でこのようなことをしたなら、世の中が和む気がします。

きょうの先生方は、もう始めからものすごく反応が良くて、そのおかげか予想外の私たちのかけあいコントになって、演じながらお互いに爆笑してしまいました。反応の良さは先生方だけでなく、なんとお店の方々も楽しく参加してくださりエキサイティングな会になりました~!

それにしても6月とは思えない暑さ!こちらは涼しいのでは?と、思っていたらとんでもない!夏~~~~!でした。先週も、今週も一度も雨にぶつからずラッキーでした~!

コメント一覧

yukiko♪ URL 2009年06月27日(土)00時45分 編集・削除

ありがとうございました♪
とても有意義で、楽しい時間を過ごすことができました。
共感できることも、頷くこともたくさんありました。

ピアノと周波数のお話を聞いて、個人的には
学習塾の先生がおっしゃっていた、「同じ能力を持って
いたとしたら音楽を経験している子の方が伸びると感じ
ている」という言葉と繋がった気がしました。
もちろん周波数だけではなく、脳を含めいろんなことが
関係していることだと思うのですが・・・
ああやっぱりと思いました。

お話の中にも出てきましたが、今の時代にピアノを続けるのは、
親も含めて難しいと感じています。
でも、今の時代だから、音楽を通して、心豊かに生きていくことが
できたら素敵だと思います。(ちょっとエラそうですか?^^;)
そこにほんの少しでも私も関わっていけたらうれしいです。

長くなってすみません。
またいらしてください。お待ちしています♪

Keiko.K. Eメール 2009年06月28日(日)19時55分 編集・削除

先日、郡山での講座を受講しました。
コメントが今になってしまい、すみませんでした。
また、直接メールでのお返事もありがとうございました。

私も周波数の話、とても参考になりました。

先日入会された生徒のお母様が、お友達に言われたそうです。
電子ピアノと本物のピアノでは、プラスティックのコップと本物のガラスのコップぐらい違うと。
分かりやすい表現だと、変に納得してしまいました。

私の教室の生徒も、入会のときに、本物ピアノについて説明はするものの、無理強いもできず、8割が電子ピアノです(TOT)

ピアノの購入について、これから、もっといろいろな理論的な証拠を提示して、お母様方に真剣に考えていただけるよう、努力しなくちゃなと思いました。

残りの講座も、無事、楽しく終わりますよう、お体に気をつけてがんばってください。

また郡山へもいらしてください。

haya. 2009年06月29日(月)11時31分 編集・削除

お久しぶりでした。
岩瀬先生のお声を聴きながら、あ~・・この声にそだてていただいたんだよなぁ~・・・と、その頃のこと、それからのことが頭の中を廻りました。
 お二人の熱演に、笑い、頷き・・楽しい時間でした。
小6の生徒さんの次に中学生のレッスンを組むアイデアはなるほど!です。子どもは子どもからも学んでくれますね。
 「ピアノの先生を続けてください。」の言葉は、これからずっと私を引っ張ったり、励ましたりしてくれそうです。
 どうもありがとうございました。この後も、お気をつけて全国を飛び回ってください。