記事一覧

12/20 東京・多摩

アイコン

お日様は、恥ずかしそうに出ていましたが、あたたかい朝です!
年の瀬の講座ですから、いらした先生方に、心がほんわかしていただけたらと、ピアノと先生方の席が近いように座席をチェンジ!「サロン風にしたい」という言葉が出てこなくて「喫茶店みたいに」と言ってしまい、やはり年は隠せません。

「わかーるピアノ練習・進度表」http://www.musickey-piano.com/shop/wakaru.html 
を実際にどう使うかを、本と共にお話させていただきました。これを使うことにより、先生も生徒も目で見て納得しながらレッスンできるため、「満足感」が生まれます。そのことを先生方も納得というお顔で、うなずいてくださっていらっしゃいました。

本について、それぞれのページが、直球で「何を学んでいるか」をとても意識していること、学ぶときには、比較対象があった方がよりスピーディーにインプットできること。
それらを1,2,3巻にわたって熱く語らせていただきました。

調度、先週末に「はじめてのハノン」応用編が発売されたので、そのご紹介をさせていただきました。また「わかーるピアノ」と共にテクニックとしてどういうものを使っているかを、これも少しだけお話しましたが、先生方から「講座」としてテクニックを聞きたいというご要望がありました。いつの日か実現しますように。(*^^*)

ご多忙の中、受講してくださった先生方に感謝です。素敵な2017年をお迎えくださいませ。

コメント一覧

高間はるみ Eメール URL (12/21 14:00) 編集・削除

12月の松戸市講座のあと、進度表を各種、購入しました。
進度表は、クリアファイルに入れて使うのと、直接用紙のへりを糊付けしてテキストに貼りこむのと、どちらが使いやすいか、思案中です。
又は、ホッチキス留めしてテキストに挟み込むか?
皆さんどうされてるのかしら?
設問を読んでいると、田村先生のお声が聞こえてきそうでそうで、楽しいです。
良いお年をお迎え下さいませ。

Tamura (12/22 07:40) 編集・削除

高間先生、早速お使いになってくださって嬉しい限りです。そして先生の実践をお知らせくださいね。すばらしい2017年になりますように!(^^♪

12/6 静岡県清水 「プチ・わかーるピアノ」

アイコン

清水駅前に白くて大きな輪があり、そこから富士山の写真を撮るのがお勧めだそうです。お天気も良く、気持ちの良い朝でした。

会場について、一番驚いたのが、朝6時前に所沢を出発して車を運転されてきたS先生にお会いしたことです。思わず目が点になり「ウソでしょう!?」と思うくらいでした。本当に心から感謝申し上げます。お帰りはどうだったのか気になります。ゆっくり今夜は体も心も休めてくださいね。

会場には、大勢の先生方がご参加くださり、楽しく講座をさせていただきました。「ドの上レ」と「ド下はシ」の曲で全員が輪になってピョンと飛ぶことをしたのですが、階下にいらしたM社長さんが、床が抜けるかも!と部屋を移動したと、あとでおっしゃっていました。お騒がせしました。(汗)

講座終了後すぐに、先生方が第2段の「わかーるピアノ」の講座をなるべく早く企画してほしいと、楽器店にお願いしたそうで…なんと来年2月あたりに実現しそうです!

今回とても嬉しかったことは、この講座で得たことを逃さずレッスンに役立てよう!という熱心な先生方の意気込みがこちらに伝わってきたことです。

楽器店のTさんと、問屋さんのMさんは、講座をずっと見て…いえいえ参加して一緒に先生方と動いたり踊ったり!楽譜を売る側の方がこのように熱心だと、私もやりがいがあります。お二人が、「すごい楽譜の動きでした!私たちもとても勉強になったし、何より楽しかったです!」とおっしゃってくださいました。

追伸:M社長さんが美味しいお魚のお店に連れて行ってくださり、初めて食べるものもあり、あまりの美味しさに食べ過ぎました。また駅までの帰り道、ものすごく低い橋?トンネル?みたいなのがあり、車の屋根がぶつかるのではと首をすくめてしまい、まるで遊園地に行った気分になりました。
本当に充実した日となりました。先生方、M社長さん、Tさん、Mさん、ありがとうございました。
来年2月ごろにまたお会いできる日を心待ちにしております。\(^o^)/

11/25 武蔵小杉 「わかーるピアノ」講座

アイコン

前日が54年ぶりとなる雪!今朝で無くて良かった!でも頬が冷え冷えでした。
そんな中、サロンの中でお話をするような素敵な雰囲気の講座ができました。何と言うか「リラックスして楽しめる」そんな感じです。ですから先生方も手をあげたりしなくても、膝を交えて、疑問などをおっしゃられ、それについてお話ができ、とても良かったです。
私自身も、「わかーるピアノ練習・進度表」を納得できる形で先生方に伝えることができ、きょうは本当に満足感がありました。
それはこれからもそうでしょうが、いろいろな地域の先生方からご質問や感想が寄せられ、それについてお話ができ、伝える幅が広がっているからかもしれません。
例えば一昨日にご連絡のあったものは…
【『わかーる』の本は、4年生の、『譜読みがなんだかわからなくなって、やめる前に先生を変えてみようと思って…』といって私のところに来た女の子に使ってみたところ、あれよあれよという間に譜読みができるようになり、もともととても表現力のある子だったこともあり、おかげさまで、今はとても楽しんでいます。】
きょう受講された先生方も、「わかーるピアノ練習・進度表」があるので、すぐに教え方がわかるから使います!と言われて何冊もお持ち帰りになりました。
きっと2巻をすれば、すべての譜読みが網羅でき、3巻をすればリズムをほぼ全般わかるようになると、指導が明確になっていることも一つの理由かもしれません。
私もますます、「わかーるピアノ練習・進度表」をすべての曲に作って良かった!と改めて思っています。どうぞ先生方の使ってのご意見やご感想、ご質問どしどしお待ちします。(^_-)-☆

11/16 表参道

ファイル 332-1.jpgファイル 332-2.jpg

アイコン

原宿駅からいつも楽しみながら歩く表参道通りですが、先月とはガラッと変わって、随分紅葉しています。 しかもケヤキの木には、木の根元からてっぺんまで、びっしり電球が!
きっと夜は、イルミネーションがきれいだろ~なぁ~~と。そんな素敵な夜を想像しながら一人にやにや。

楽器店に着くと、会場からピアノの音が…受講生Sさんのコンサートがもうすぐです。楽器店のご厚意で練習中。Sさん頑張れ!!コンサートの成功を心よりお祈りしていますね。(*^^*)

今年度最後の講座でしたが、今日も新しい出会いがあり嬉しかったです。
今日は、「日本の童謡」「ミュージッシュ」を使った、新しい形のレッスンについてお話しさせて頂きました。英語で歌うことで、童謡がとっても新鮮です。また英語があることで、高学年の生徒さんへの音楽的なレッスンなど、幅広い年齢層に活かせることをお伝えしました。
講座終了後、「来春から、幼児に早速取り入れたいと思います。」と。先生のやる気に拍手です。

来春までしばらくお会いできないこともあり、今日のランチは多くの方が参加されました。
皆さんの常に謙虚に“学ぶ”という姿勢から、私自身教えて頂くことが多くあり、とてもありがたい“場”であることを改めて再確認させて頂きました。
受講くださった先生がたに、心から感謝の気持ちで一杯です。
そして楽器店のAさん、皆様、本当にお世話になりました。
来年3月からの日程も決まりました。
また元気なお顔でお会いできますことを楽しみにしていま~~~す。(^^)/

11/14 松戸 プチ・わかーるピアノ

ファイル 331-1.jpgファイル 331-2.jpg

アイコン

講座の始まる直前に、T先生が「私の生徒から田村先生に渡してほしいと預かりました。」と、おっしゃられ…「わかーるピアノ」を使っての様子などを書いたお手紙、そしてT先生と生徒さんのお写真をいただきました。まさにびっくりプレゼントをいただき、嬉しくて、かなり興奮した状態で講座がスタートしました。

*写真を撮るのが下手で文字が見えない!確かにご指摘どおりなので文をここに書きます。
「この間の6月から《わかーるピアノ》の②を始めました。大変だったけど、この本は読み取り方がよくわかりました。
ピアノがつらいときもあったけど、この本のおかげで、つらつらと曲をひけるようになりました。今は《大きな波》をやっていて、この曲を完成させたいです。」2016・11・11華野央基


11月は「プチ・わかーるピアノ」が世に出て、調度1年になります。
この講座を何度か重ねていて、最初のころの講座と今の講座の内容をくらべてみると、ずいぶん変化しています。

それは…
①先生方がご自分の生徒さんたちに使ってのご意見、そして
②私自身も本を使って更なる発見があり…
 今回は②の話…先月からミュージックキーでお知らせした「わかーるピアノ練習・進度表」を使って、
 レッスンで感激した先週の出来事を話しをしました。
③親御さんの感想など…それらを含めて、こんな使い方もありますと、実践の話が多くなっていくためです。

我ながら、同じタイトル講座でも内容が変化していくのだな~と、驚きます。これも先生方のおかげです。引き続き、生徒さんたちにお使いになってのご感想やご意見をお待ちしております。

次回は11/25(金)山野楽器 武蔵小杉店で「わかーるピアノ」講座をいたします。(^^♪