ホーム > Music Key指導者認定
MusicKey指導者認定
Music Key指導者認定とは?
ピアノ導入期や基礎期において、指導のプロをめざす認定資格です。
  1. 今までのご自分の指導を客観的にみつめ、ワンランク上の指導力をつけます。

  2. 生徒が、数年で辞めていくのを食い止め、「先生のレッスンをずっと受けたい!」と思える教室をめざし ます。
    それには理論に裏打ちされた指導で、いかに興味を持たせるかが鍵です。

  3. 指導のプロである証として『Music Key指導者認定』の楯を取得することで、先生への信頼感が増します。

あなたは A)・B)・C) どのケースですか?



A) まだ何もMusic Keyピアノ指導システムをご存じない方。

どの本がどのような目的で指導されるかを知っていただくために、『自宅で学べるピアノ指導法CD講座』と『自宅で学べるピアノ指導法DVD講座』で理解を深めてください。
そして次の B) へ進んでください。

B) 講座の内容をある程度理解しているが、MusicKeyピアノ指導システムを使われていない方。

「Music Keyピアノ指導書」を使いながら、レッスンを進めます。
常に『自宅で学べるピアノ指導法CD講座』と『自宅で学べるピアノ指導法DVD講座』を参考になさってください。
もちろん、わからないことなどありましたら、本部まで遠慮なくお問合せください。
さあ、《Music Key指導者認定》を受け、楯を取得しましょう。

C) すでにMusic Keyピアノ指導システムを実際に使って指導されている方。

Music Keyピアノ指導を実践されているなら、《Music Key指導者認定》を受け、楯を取得しましょう。
< Music Key 指導者認定 審査手順 >
第一段階

- レポートの提出 -
レポートを書くための生徒を選ぶ基準は

ピアノ指導書のケース1:
  • 初めて習う幼児を一人選ぶ。
ピアノ指導書のケース2:
  • 初めて習う小学校から大人、または途中入会の生徒を一人選ぶ。

上の2つのケースの生徒を3ヶ月間指導したあとに

①生徒の性格や状況について
②3ヶ月レッスンプラン
③進め方や問題点
④今後の展望について

①~④を箇条書きで3000文字以内に書き、Music KeyへPCメール添付。

提出内容について岩瀬先生・田村先生からコメントされますが次のどちらが良いかを必ず知らせてください。

(1)Music KeyからPCメールで添付される。
(2)実際にSkypeで直接意見を聞く。

第二段階

- レポートの提出 -
第1段階の生徒指導のコメントを参考に、引き続き3ヶ月レッスンする。

①教師自身、何がどう変化したか
②生徒は、何がどう変化したか
③今後の展望について

①~③を箇条書きで3000文字以内に書き、Music KeyへPCメール添付。

提出内容について岩瀬先生・田村先生からコメントされますが次のどちらが良いかを必ず知らせてください。

(1)Music KeyからPCメールで添付される。
(2)実際にSkypeで直接意見を聞く。

その後、合否の判定を連絡いたします。
合格の場合は《Music Key指導者認定》の楯を授与いたします。
認定試験を実施する事によって
  1. ご自分の指導を冷静に分析できることで、何が良くて、何がもっと必要かがクリアになります。
  2. 楯の取得により、保護者へもプロとしての指導者であることがアピールできます。
    何よりご自身の指導に今まで以上に自信が持てるようになります。
MusicKeyピアノ指導者認定 盾 (150 × 110mm)
 

更に、講師となって頂くための《Music Key上級指導者認定》をめざしましょう!

※ 審査諸費用などに関しての詳細はメールフォームから本部までお問い合わせ下さい。
(メールの不達に備えて、連絡可能な電話番号を必ず一緒にご連絡をお願いします。)