ホーム > Music Key上級指導者認定
MusicKey上級指導者認定資格
Music Key上級指導者認定とは?
Music Key システムの講師となることを目標としています。
  1. MKシステムで研鑽を積まれた先生方が、ご自分の経験を多くの先生方に伝える段階です。これは講師としてのスキルを学び、その資格を取得するものです。

  2. Music Key上級指導者認定の取得により、講座への第一歩を踏み出してい頂きます。

  3. 次の先生方が対象となります。
    A) Music Key指導者認定を取得された方。
    B) Music Keyシステムですでに指導されている方。
< Music Key 上級指導者認定 審査手順 >
第一段階

- レポートの提出 -
レポート内容をまとめるにあたって…。
  1. 『Music Key教材を使った2時間講座』(実際の話は100分)を想定。
  2. Music Keyの使用テキスト(複数可)を決める。
  3. タイムスケジュールとその内容
以上の順で箇条書き3000文字以内、PCメール添付ファイルで提出。

提出内容について岩瀬先生・田村先生からコメントされますが次のどちらが良いかを必ず知らせてください。
  • Music KeyからPCメールで添付される。
  • 実際にSkypeなどで直接意見を聞く。
第二段階

- 映像とレポートの提出 -
第一段階での両先生のコメントを参考に…。
  • ピアノ指導者を前に、どんなことをするかを想定して、実際にカメラの前で録画しながら100分話をする。録画媒体を郵送。
  • レポートは、実際に録画して、自身としてどう感じたかなどの総括。
以上を箇条書き3000文字以内、PCメール添付

提出内容について岩瀬先生・田村先生から第一段階と同様の方法でコメントされます。

その後、合否の判定を連絡いたします。
合格の場合は《Music Key上級者指導者認定》の楯を授与。
上級指導者認定試験を実施する事によって
  1. 楯の取得したあとは、両先生より実践的な講座への指導や詳細な打ち合わせなど、直接受けられる。
  2. 楯の取得により、講座への道が広がる。
  3. 楯の取得により、保護者へも講師であることがアピールできる。
    なにより先生方を前に話すことで、 Music Key教材や指導法がより鮮明になり、今まで以上に指導に自信が持てるようになる。
MusicKey上級指導者認定 盾 (210 × 170mm)
 
※ 審査諸費用などに関しての詳細はメールフォームから本部までお問い合わせ下さい。
(メールの不達に備えて、連絡可能な電話番号を必ず一緒にご連絡をお願いします。)